毒親話シリーズの第26話です。

★ご注意★
・作者の実体験にフェイクを加えています
・暴言や暴力などが出てくる重い話のため
そのようなお話が苦手な方はご注意ください

最初のお話はこちら↓


前回のお話はこちら↓

26話

毒親話 26_出力_002
毒親話 26_出力_003
毒親話 26_出力_004
毒親話 26_出力_005
毒親話 26_出力_006
毒親話 26_出力_007
毒親話 26_出力_008
毒親話 26_出力_009
毒親話 26_出力_010


発達障害の人が人の気持ちを理解しづらいのは知っている。
知ってはいるけれど。親である人間が子の心を理解できないのなら
子供はどうすればよかったんでしょうか?


発達障害なら、血のつながった子や孫への
失言や暴言が許されるのでしょうか?
言われた側はニコニコ受け入れなければならないのでしょうか?
いくら人の気持ちが理解しづらいとはいえ、数十年生きてきたなら
人に明らかな罵り言葉をぶつけてはいけないと
いうことくらい、パターンとして理解できないものなのでしょうか?
今回のことを思い出すたびに、悔し涙が出そうになります。


次の話はこちら↓
(次の話を投稿次第こちらにリンクを挿入します)

★コメントは現在承認制で受け付けております★
基本的にコメントはすべて拝見していますが
特定の属性への差別や偏見を助長するものなど
内容が公開に適さないと判断いたしました場合は
頂いたコメントを公開しないこともあります。
何卒ご了承ください。

(インスタのリンクはこちら

良かったらTwitterフォローお願いいたします
Twitterバナー

読者登録をしますとLINEで更新通知が届きます!
読者登録バナー

ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 にほんブログ村へ


楽天ROOM始めました
ROOMバナー

ブログ村ランキングバナー